設立

1967年、教皇 パウロ六世の呼びかけにより、ヴァチカンに「正義と平和委員会」が設立され、全世界の司教協議会にたいしても同じ趣旨の委員会を設けるようにという要請が出されました。それは、貧困、抑圧、差別のなかで、人間としての当然の権利を奪われ、苦しみの叫びを上げている多くの兄弟姉妹に愛をもって応えるためでした。日本でも、1970年「正義と平和司教委員会」が発足し、これと平行して信徒による自主的な活動も始まりました。さらに74年、これら司教による委員会と信徒の活動を一本化し、今日の「日本カトリック正義と平和協議会」がスタート。世界、特にアジアにおける社会正義と平和の実現のための活動を開始し、現在にいたっています。


組織

日本カトリック司教協議会、社会司教委員会のもと、担当司教(会長)、事務局長、 秘書を責任者とし、全国の正義と平和協議会、関係グループによる連携によって運営されています。活動方針、活動内容は、教区・修道会担当者/地区代表者による年一回の全国会議において意見を求め、定例委員による年三回の定例会議、毎月の事務局会議で協議に掛け、決定します。  具体的な活動はテーマごとに委員会、部会に分かれ、討議し、声明文の発表、勉強会の開催など、社会に向けたアピールや啓発を行っています。 また国内外のさまざまなNGO、平和団体との連帯にもつとめています。

活動 正義と平和協議会の今日の課題は

1、平和への取組み

 憲法9条と平和憲法を護るのは、正義と平和協議会の核ともいえる中心課題です。具体的には他宗派、他宗教の人々と手を結び、「NCCキリスト者平和ネット」「平和をつくりだす宗教者ネット」「宗教者9条の和」などに参加し、署名運動、ロビー活動、声明文発表を行っています。また、「憲法9条世界の宝に・ピース9」の活動支援をおこなっています。


2、信教の自由

近年脅かされつつある信教の自由を守るため、 2008年1月、「憲法20条の部会」を組織し、活動を始めました。この問題に隣接する靖国問題に関しては、「NCC靖国問題委員会」に参加し、より特化して活動しています。


  3、環境問題

21世紀に生きる私たちの最大の課題は、環境とそれに密接に関わる人権の保護ではないでしょうか。正義と平和協議会では「地球環境をまもる部会」を結成し、こうした環境と人権の問題にとりくんでいます。


  4、死刑廃止

  国内世論は犯罪の厳罰化へ進んでいますが、司教団は「いのちのまなざし」で、死刑の廃止を呼びかけました。正義と平和協議会でも2008年7月「死刑廃止を求める部会」を結成しました。また、 冤罪問題にも関わる「袴田さん 救う会」を支援をしています


  5、海外との連携

海外の諸問題に関しても、情報交換や相互協力を通じて国外のさまざまな平和団体と連帯し対応しています。近年はパックス・クリスティ、ホットラインアジア、SICSAL(ラテンアメリカの民衆と連帯する国際キリスト者の会)に参加し、パキスタン正義と平和委員会と情報交換をしています。

 

6、核問題

最近のオバマ米大統領の核軍縮への積極的な姿勢から、今後この問題への関心が一層高まることが期待されます。 正義と平和協議会では、反原発・核軍縮にとりくむために、「NCC平和・核問題委員会」に参加しています。


その他現在取り組んでいる問題、関係活動団体

*ジェンダー・性差別問題:『NCC女性委員会』「女たちの戦争と平和資料館」VAW-NET

*東チモール問題:「東チモールに自由を!全国協議会 」「東チモールカトリック者ネットワーク」

*パプアニューギニア問題 


・全国キリスト教学校人権教育研究協議会

・「国際人権規約完全実施促進連絡会」

 


担当司教:勝谷太治

事務局長:大倉一美神父



      カトリック20条の会

      死刑廃止を求める部会

  平和のための脱核部会





カトリック正義と平和協議会

〒135-8585  東京都江東区潮見2-10-10

日本カトリック会館

tel: 03-5632-4444/ fax:03-5632-7920

email: jccjp@cbcj.catholic.jp


過去15年の活動

1995年3月、司教団の「平和への決意」発表を受け、翌4月、日本カトリック正義と平和協議会としての声明文「新しい出発のために」を発表。


2002年5月、憲法9条を維持するための草の根の活動団体、ピース9を結成。


2005年6月、戦後60年を記念して司教団による「戦後60年平和メッセージ」と副読本「非暴力のための平和への道」を発表。正平協独自の企画としても、『平和の祈り』、過去の講演をまとめた『正義と平和講演録』を作成し、発行。